リハビリテーションサイト

リハビリテーションサイト

理学療法士とは
私たちは「立つ」「歩く」「寝ころぶ」などの動作を繰り返し日々を過ごしています。このあたり前の動作が生まれつきや交通事故などによって失い、生活が困難になってしまいます。また、その機能を失う可能性が予測される方がこどもから大人までいます。

高齢者は手足の力が弱まります。これらの障害のある患者に対し、運動機能の回復や維持、または悪化するのを予防するための、いわば動作の専門家として従事しているのが理学療法士です。心身の麻痺や痛みの緩和、関節の可動域の拡大などに対して入念に検査をし、適切な治療や指導方法を計画し対応していきます。

療法士の身体や器具を使ったり、または患者自身の力で動かすなどの運動療法による治療や、身体の動きと日常生活の動きを関連付けさせる日常生活動作訓練などがあります。そのほか、熱や電気などを利用し痛みの緩和や循環の改善などにつとめる物理療法があります。

さらに、障害が残ってしまい日常生活が困難な人に対しては自宅で社会生活を送れる為に、バリアフリーなどの住宅改造や環境調整の指導も行います。現在では施設だけでの業務ばかりでなく、通所センター、行政の予防事業でのリハビリ指導、スポーツトレーナーとしてなど様々な場所でのニーズが高まっています。